2012年09月03日

脱力『ゆる』について

  前回ブログ記事で、「力まず頑張らず、リラックスして行動する」と
お話をしましたが、今回はそのことに関連した本を、いくつか
ご紹介します。

  高岡英夫さんという運動科学の先生が書かれた本です。
合気道や大東流合気柔術を稽古されている方ならば、ご存知の方も
多いと思います。

  全ての運動の基本である「歩き」に関しては「ゆるウォーク」なる
歩き方を提唱しています。体に染みついた「コリ」を取り除き、
頑張ることを止め、無駄な力を取り除く歩き方を以下の著作書で解説
しています。「高岡英夫の ゆるウォーク

高岡英夫の ゆるウォーク


  この本の中で、最も注目したことは、歩くときに使う脚の筋肉に
ついてです。今まで私は歩くときや走るときも、ももを上げるような
筋肉の使い方が正しいと思っていました。世間一般でもそのように
認識している人が多いのではないでしょうか?中学校の部活の時も、
もも上げ運動をして、太ももの前側の筋肉を鍛えていたものでした。

  ももの前側の筋肉、いわゆる「大腿四頭筋」を使って歩いたり
走ったり、階段を登る人が殆どではないでしょうか?
私もその一人でした。

  ところがこの本では、大腿四頭筋が、歩くときや走るときには
本来ブレーキをかけるときに使う筋肉だ
と言っております。
走った状態から、急停止するとき、確かに太ももの前側を使います。
登山の帰り、下山するときもそうです。

  では、どこの筋肉を使うのかというと、ももの裏側(後ろ側)の筋肉を
使うのだそうです。俗にハムストリングと呼ばれている箇所です。

  ハムストリングは、大腿二頭筋や半腱様筋(はんけんようきん)、
そして半膜様筋(はんまくようきん)の3つを指すのだそうです。
3つの筋肉をまとめて大腿屈筋群(ハムストリング)と呼びます。

  ハムストリングで検索すると、これを鍛えることにより、
腰がしっかりする 膝を曲げやすくする 太ももを痛めにくくする
股関節が柔らかくなる 姿勢を良くする
ダイエットでこの筋肉を鍛えた場合、スタイルが良くなる
全身の筋肉のバランスが良くなる という情報もあります。

  「腰がしっかりする」という点では、合気道やその他武道、
スポーツでも、共通して重要なことですね。

  ももの前側に力を入れて歩くのは、ブレーキを掛けながらアクセル
を踏んでいるようなものだ ということのようです。
ももの後ろ側を意識して歩けば、後ろから風で押されて歩くような
感覚が体に出来上がるのだそうです。特に階段を登るときは顕著に
その効果が現れるようです。

  階段の登りでは、ももの後ろ側を意識しつつ、背筋を伸ばし、
すねをできるだけ垂直に伸ばして歩く
と良いのだそうです。
前かがみになると、ももを上げるのと同じような状態になり、
ももの前側の筋肉に力が入ってしまうので、背筋を伸ばし、すねを
垂直に伸ばすということです。

  そこで、私もハムストリングを意識して歩き方を変えてみました。
階段の登りは、かなり効果が出ているように感じています。
太ももの筋肉への負担(特に前側が)減ったように感じます。

  ただ、山登りのときは、前かがみにならないと、足場が不安定で
垂直に立てない為、この方法は使えないかな? と感じています。
すねを垂直にして歩こうとすると、後ろに転倒するかも知れません。

  「高岡英夫の ゆるウォーク」では、歩きかたの説明の前に、脱力
の重要性(頑張らないこと)の説明や体のコリ(普段の力みから来る
硬さ)を取り除く体操(ゆる体操)を紹介しています。

  高岡先生が、創始した「ゆる体操」は、現在全国展開で教室が増え
つつあるようです。私の住んでいる地域でも、「ゆる体操教室」が新設
されました。私も たまたま平日に休みがとれた時に予約して参加した
ことがあります。

  教室は、平日の日中時間帯でないと、開いていない為、仕事を持つ者
は基本的に参加は無理ですね。土日が休日ではなく、平日に休みが
取れる人でないと中々参加できないと思います。

もうひとつ同じような書籍で「高岡英夫の 歩き革命」があります。

高岡英夫の 歩き革命


  この本も「ゆるウォーク」の本もそうですが、高岡先生は、身体感覚に
ついて、独特の呼び名を使っています。先ほどのハムストリング付近の
身体感覚を「裏転子」(うらてんし)と呼んでいます。お尻下半分から
ももの上半分の箇所を摩るなどの刺激を与えること(ゆる体操)により、
裏転子の身体感覚を強化し、楽な歩き方が可能になると書かれて
います。

  合気道の稽古でも、脱力するときに「ゆる体操」は、効果があるのかも
知れません。巷では「本当に効果があるのか疑問だ」などという意見も
あるようですが、信じる信じないは、人それぞれでしょう。私の場合は、
少なくても歩く場合には効果があると感じています。

皆さんもお試しあれ。わーい(嬉しい顔)


読んでいただき、ありがとうございます。

合気道ブログで日々の稽古を考える。

紹介:札幌で合気道するときは・・・札幌合気道会について
合気道ブログ|稽古日記 posted by Aiki_Master at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
トップページはこちら : 合気道ブログ|稽古日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。